『シミ対策』のサイトへようこそ!

Modified: 

女性に見られる肌トラブルの中で、いちばん気になるのは『シミ』ではないでしょうか。

senngan

白いお肌にシミがポツンと1つあるだけで、せっかくの美肌が台無しですよね。

シミがあるだけで年齢よりも老けてみられたり、またお肌のケアができていないずぼらな女性とも捉えられてしまいます。
しかし、現実問題として、シミのない人は本当にいるのでしょうか?

シミができてしまうメカニズムに、『メラニン』が関与していることは誰もが知っていることですよね。

私たちの皮膚は、外界からの刺激や侵入物と戦いながら皮膚細胞や組織を守っています。皮膚の表皮は、どんなにダメージを受けてもターンオーバーという再生能力がありますが、表皮の下の真皮は再生能力がないので、紫外線などの外的刺激はアウトです。その防御反応として起こっていることが、メラニンの生成ですよね。

驚異的な破壊力を持った紫外線を浴びると、皮膚に多くの活性酸素が発生させて細胞を酸化させてしまいます。と同時に、表皮のいちばん下の基底層にあるメラノサイトという色素形成細胞からメラニンを生成して、真皮へのダメージを防いでいます。

人間の皮膚カラーに黒色系、黄色系、白色系と分れているのも、このメラニン色素の比率になるわけですが、黒人のメラニン生成力が強いのも、常に強い紫外線を浴びている環境によるもので、それに比べて白人はメラニン生成力が弱いので、皮膚への外的刺激のダメージが大きく、シミができやすいと言われています。

しかし、外的刺激を受けてメラニンが生成されてもシミができやすい人と、そうでない人との違いがどこにあるかが問題なんですよね。

夏の日差しで黒く日焼けするるのも、メラニンの防衛反応なわけで、日にちが経てばまた元の肌色に戻りますよね。それは、表皮のターンオーバーが正常に働いているからなのです。

通常、表皮にできたメラニン色素は角質と一緒に垢として剥がれ落ちますが、過剰な刺激を受けるとメラニンも大量に生成されて、排出しきれずに残ってしまったメラニン色素が沈着してできたものがシミなのです。他にも、加齢に伴うターンオーバーの乱れや、ストレス、ホルモンバランスの崩れ、摩擦などの刺激でも、排出されないメラニン色素を沈着させてしまいます。http://美白化粧品おすすめランキング.biz/

メラニンは決して悪者ではなく、皮膚を守るために生成されているわけですが、過剰に生成されたり、皮膚に残りやすい環境を作ってしまうことが、シミに繋がっているわけなんですよね。